後悔しない、結婚式にぴったりの『ウエディングネイル』

      2016/12/05

photo-1472733086270-7936ee56d1f1
女性なら一度は夢見る、結婚式。
美しいドレスを着て、花飾りをつけて…当日までにエステなどで体のケアをする方も多いですよね。

こだわりがたくさんある結婚式ですが、若い女性なら『ネイル』にもこだわりたい!と思う方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?
今回は、後悔しないウエディングネイルの重要性と選び方についてご紹介いたします。


結婚式で後悔しないウエディングネイル

結婚式のあと、撮影などで指輪を撮ってもらうことがあると思います。
この時、あとから写真を確認して「あっ、爪もっとちゃんとこだわればよかった…」なんてことにならないように、花嫁は色々なところに細心の注意を払わなければいけません。

ウェディングネイルの重要性

近年、ウエディングネイルの注目度と重要性は高まりつつあります。
花嫁はその日の主役、様々な人の注目を集めます。

「手袋をするので関係ないのでは?」
なかにはこう思う方もいると思います、ですがそんなことはありません。

指輪を交換する際や撮影のときは手袋を外します。
ですから必ず、爪というのは自然に目に入ってしまうのです。


ウェディングネイルのデザインの選び方

誰もが慎重に選ぶのが、”デザイン”ではないでしょうか。
普段はネイルをしない方の場合、どうしたら良いか分からない、と迷う方も多いのではないでしょうか。

ウエディングドレスは純白、当然ながらブーケもそれに近い色合いになってきます。
そこで濃い色のネイルやポップなデザインにしてしまうと、色味が浮くためなんだかアンバランスに…。
結婚式のネイルはずばり、薄いピンクやベージュなどのナチュナルカラーが基本です。

また、お色直しのドレスのことも考えて、シンプルな色味を選択するのが良いでしょう。
どうしてもドレスによって色味を変えたい!という人は、ネイルチップを用意するのも◎

ウェディングネイルの注意点

花嫁は当日、ウエディンググローブという手袋を着用します。
こちらの手袋にも、ドレスと同じように様々なデザインがあります。

なかには総レースのものもありますので、ウエディングネイルを選ぶ時は、手袋に引っかからないようなデザインをおすすめします。
指輪交換の時に、手袋にネイルが引っかかって飾りの石が取れてしまった…なんてことのないように、自分に合ったデザインを選んでくださいね。

指先がないデザイン、フィンガーレスグローブというのもありますので、事前に色々調べるのも良いでしょう。



GC online store
http://www.gemart.jp/

 - ブライダル