石に込められた想い?〜神秘的な宝石言葉〜

      2016/09/23

自分の誕生石などを調べた際に、宝石の見た目の他に宝石言葉というものが出てきたことがありませんか?
宝石言葉は、それぞれの宝石に込められたとても神秘的なメッセージです。

さっそく自分の誕生石や好きな宝石に、どんな想いが込められているのか探してみましょう!

宝石 宝石言葉
ルビー 情熱・威厳・勇気
サファイア 誠実・慈愛・徳望
スタールビー

スターサファイア
信頼・運命
エメラルド 幸運
アレキサンドライト 高貴・情熱
キャッツアイ 恋愛
ヒスイ 福財・長寿
オパール 希望
ダイヤモンド 無垢・不滅
真珠 健康・清らか
トルマリン 寛容・貞節
ガーネット 友情・真実・勝利
トパーズ 友愛・希望
アクアマリン 沈着・聡明・勇敢
アメジスト 高貴・真実
ペリドット 希望・夫婦愛
めのう 神聖・博愛
トルコ石 成功
ラピスラズリ 真実・高貴
さんご 長寿・幸福

宝石言葉とは

宝石言葉に込められた意味


宝石言葉…誰が決めたというわけではありませんが、宝石の美しさやその輝きから石に想いを込めて付けられたものだと考えられています。
神秘的な意味から、元気をくれるような言葉まで、とても多彩な宝石言葉が存在します。

なかには色から宝石言葉を連想しているような宝石もあります。
例えば、日本やフランスで採れる真珠。
真珠は優しい乳白色だけでなく、ピンク色のものもあるのです。この優しい色合いは、まるで清らかな乙女のようなイメージを連想させます。
それに白色というのは、シンプルという他に儚さや清純さを思わせる色だとされています。
このような色合いを見ていると、真珠に”清らか”という意味があるのも納得ですね。

他にも、燃えるような赤色が美しいルビーの意味には、”情熱”が含まれていたり、青色が美しいアクアマリンからは”海”を想像させます。アクアマリンの石言葉は”沈着や聡明”、大いなる海のイメージにあった、落ち着いた意味が多く含まれています。

そしてこの宝石言葉は不思議なことに、各国で共通しているのです。まるで世界中の人々がつながっているような、そんな気さえしてきますね。

宝石言葉の逸話

宝石言葉に込められたメッセージ


宝石言葉にはこんな逸話があります。

ドイツの詩人である、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年〜1832年)。
小説『若きウェルテルの悩み』・詩劇『ファウスト』でおなじみのゲーテです。彼は当時80歳という高齢にも関わらず、ウルリーケというとても若い恋人がいました。
この美しい娘、ウルリーケはゲーテと出かける度にガーネットを身につけていたといいます。
この行為は、『心よりあなたを愛しています』というメッセージを、ガーネットに込められた”真実”という石言葉に託したのではないかと言われています。


宝石は、ただ身につけるのではなく、想いを込めて身につけると相手に様々なメッセージを運んでくれます。
もちろん、自分に言い聞かせたい言葉がある場合は、自分で身につけてもなんの問題はありません。きっとそうなりたい、こうでありたい!という想いは叶うはずです。

GC online store
http://www.gemart.jp/

 - 豆知識