婚約・結婚指輪はどうしてダイヤモンドなの?

      2016/08/31

なぜ婚約・結婚指輪はダイヤモンドなのか
幸せの門出に欠かせない、婚約・結婚指輪といえばダイヤモンドのイメージですよね。
キラキラと美しいその輝きは、過去から現在に至るまでたくさんの人々の心を魅了してきました。
でもふと疑問に思ったことはないでしょうか。
どうして婚約・結婚指輪はダイヤモンドなのか、と。

今回はそんな疑問を解決すると共に、ダイヤモンドについてご紹介致します。


婚約・結婚指輪はなぜダイヤモンド?

なぜダイヤモンドなの?
一般的にはダイヤモンドが使用されることの多い、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。
ダイヤモンドは別名『金剛石』といい、天然の物質で最も硬い鉱物だと言われています。

そんなダイヤモンドにはその硬さ故に傷つくことがなく、またその輝きがずっと続くので『永遠の愛』の象徴とされています。
更にリング(輪)は、円形で終わりがないことから永遠を意味し、指輪は婚約・結婚には欠かせないものになりました。

Bijoudeではブライダルの指輪も多数お取り扱いしております。
思いを込めて作られたものばかりです、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。
Bijoude bridal

ダイヤモンドの指輪の歴史は古く、16世紀にヴェネツィアで結ばれた、とある二人の結婚証明書には、婚約指輪としてダイヤモンドの指輪が贈られたことが記録に残っているそうです。
当時から貴重かつ大変高価な物だったダイヤモンドは、その輝きから身分の高い富裕層の人々から人気が出たと言われています。


ダイヤモンドでなければいけないの?

ダイヤモンド以外の石
ダイヤモンドには『清浄無垢』・『永遠の愛』・『不屈』・『純愛』などの意味があるので、よく婚約・結婚の場で用いられますが、必ずしもダイヤモンドでなくてはならない。ということはありません。
ダイヤモンド以外の色石でもなんの問題もありません。
ただ注意するのは、ある程度硬度が必要ということです。ダイヤモンドは硬く砕けないので、傷がつくことはまずありません。
しかし硬度が低いものを使うと、せっかくの大切な指輪が傷ついてしまいます。そこで、ダイヤモンドの硬度にできるだけ近い色石の宝石をご紹介いたします。


硬度 宝石
10 ダイヤモンド
9 ルビー・サファイア
8.5 アレキサンドライト・キャッツアイ
8 エメラルド・アクアマリン
7.5 ガーネット・トルマリン


こうして表でみると、ルビー・サファイアがダイヤモンドの次に来ていますね。
なのでダイヤモンド以外の宝石だと、ルビーやサファイアがおすすめです。色石の中でも硬度も高く、見た目も華やかにきまります。
近年では、ダイヤモンドではなく、誕生石など上記のような色石で指輪を作る方も増えてきているそうです。

大切な人に贈る大事なものだから、うんと思いを込めたものを贈りたくありませんか?
見た目の綺麗さは勿論ですが、毎日つける結婚指輪だからこそ、特に丈夫なものがいいですよね。
何かの拍子に石が取れてしまった…、指輪が曲がってしまったなどの悲しいことが起きないように、ご購入の際はトラブル時に相談などに乗ってくれる店舗でご購入されることをおすすめ致します。

婚約・結婚指輪は、必ずしもダイヤモンドでなくてはいけない。という決まりはありませんので、相手の方の好みなどをあらかじめ調べたり、さりげなく友人などに聞き出すのもいいかもしれませんね。


GC online store
http://www.gemart.jp/

 - ブライダル