酵素は生まれた時から減少している。

      2015/11/30

酵素は生まれた時から減少している。
人は生まれた時から酵素を使って生きています。

  • 呼吸をする
  • 手足を動かす
  • 物事を考える

 

全ての行動に、酵素は関わっています。

人が生活する上で欠かせない成分なのです。

 

しかし人間の身体の中で作られる酵素の量は決まっており
年齢を重ねる事により、作られる量も減少していきます。

 

40歳ごろから、体調不良、体力の低下、肩こり、不眠などの症状が出てくる方も大勢いらっしゃいますが、まず酵素不足の可能性を疑ってください。

 

酵素不足を解消するためにはどうすれば良いのか

 

1.食物から酵素を摂りいれる。

 

酵素は生まれた時から減少している。

酵素を多く摂取できる、生野菜、果物、醗酵食品、酵素ドリンク等を食事に摂りいれるよう心掛けてください。

 

2.食事の量を減らす。

 

 

酵素は生まれた時から減少している。

食事によって、酵素が食べ物を消化する事に利用されます。
健康を維持する為に、消化に利用される酵素の量を減らしましょう。

 

酵素は生まれた時から、人生を終えるまで使い続ける重要な成分です。
酵素不足が不健康に直結すると言っても過言ではありません。
十分に酵素を身体に摂り入れてください。

酵素を取り入れる食生活の改善が、病気になりにくい体づくりには大切です。

 - アーカイブ